パナソニックグループについて パナソニック エナジー株式会社

電池

ミッション

幸せの追求と持続可能な環境が矛盾なく調和した社会の実現。

ビジョン

未来を変えるエナジーになる。


事業内容

エナジーデバイス事業部

歩く社員

多種多様な電池や、電池を使用した応用商品などをグローバル11ヶ国、14拠点で製造・販売しています。乾電池は普段の生活に欠かすことのできないものであり、災害発生時にはライフラインを支えるものとして重要な役割を果たします。現在は世界の重点地域での販売増加や、マンガン乾電池からより付加価値の高いアルカリ乾電池への移行に取り組んでいます。

事例紹介

エボルタ

乾電池エボルタの長もち性能
日々の生活に欠かせない乾電池。当社の乾電池エボルタは10年後でも使える「長期保存」を可能にした優れた保存性能を持っています。パナソニック独自のチタン技術により単3形・単4形でチタン化合物の増量に成功し、スムーズな放電反応と保存性能アップを実現しました。

モビリティエナジー事業部

作業する社員

電気自動車を動かす車載電池の事業はもちろん、今後は電車・船・飛行機などにも貢献していきます。大きな意義を持つ重要な次世代モビリティ事業として、テクノロジーの進化で地球環境問題の解決にソリューションを提供し続けます。

事例紹介

車載電池

車載電池の開発・製造
世界的に普及が進み、存在感を増す電気自動車(EV)を動かす車載電池。当社独自の技術開発で課題をブレイクスルーし、随一の性能進化を実現してきたパナソニックの円筒形車載電池は世界最高レベルのエネルギー密度を誇ります。

エナジーソリューション事業部

笑顔の社員

リチウムイオン電池とリチウムイオン電池を活用した電池パックや蓄電モジュールの開発・製造・販売を行います。高品質・高容量のリチウムイオン電池 × システム(機構・回路・ソフト)で社会インフラ・動力・民生領域の多様化するエネルギー課題に「電池」で柔軟なソリューションを提供し、情報社会・環境社会に貢献します。

事例紹介

リチウムイオン電池

高品質のリチウムイオン電池
「高容量」「高安全」が特長です。中でも「高容量」すなわちエネルギー密度の高い電池です。高容量になればなるほど、電池の「安全性」の確保が何よりも重要になります。そこで、電池材料やプロセス開発に取り組むと同時に、電池のモジュール化、パック化、システム化といったレイアアップをする中で、電池を安全に使用するための制御技術の開発に取り組み、高い信頼性を確保しています。これら特性を活かし、さまざまな用途に展開しています。


社員インタビュー

パナソニックの人

パナソニックには、過去や前例にとらわれることなく、大きな夢と高い志に胸に、未知の未来を切り拓いていく社員たちがいます。

パナソニックの人をもっと見る

パナソニックの # はたらくってなんだろう

パナソニックで働く社員のさまざまな働き方や生き方、それを支える文化や社内制度などについて発信していきます。

パナソニックの#はたらくってなんだろうをもっと見る


会社情報

主な勤務地

仕事場を背に立つ社員

仕事場を背に立つ社員

事務系

  • 東京都(港区)
  • 大阪府(守口市、門真市)
  • その他

技術系

  • 大阪府(大阪市、守口市、貝塚市)
  • 兵庫県(洲本市、淡路市、南あわじ市)
  • 和歌山県(紀の川市)
  • 徳島県(板野郡)
  • その他

パナソニック エナジー株式会社の設立について(2022年4月~)

パナソニックは現在、社内分社によるカンパニー制に基づくグループ経営を行っておりますが、中長期的な視点での事業競争力強化のため、事業会社制(ホールディングス制)へと移行します。パナソニック エナジー株式会社は旧パナソニック株式会社 インダストリアルソリューションズ社の電池関連の事業領域をベースに設立されます。

〈持ち株会社移行後のグループ体制(2022.4~予定)〉

グループ体制図

事業会社制(ホールディングス制)への移行にともなう採用活動についての詳細はこちら

パナソニック エナジー株式会社をもっと知る

エナジー社

11月6日開催 Webセミナー

エナジー社イメージムービー